Excel VBA 初心者の為の入門講座のホームページです

Excel VBA 入門講座


3.行の指定

セル範囲の行の指定には、RangeオブジェクトのEntireRow プロパティを使用します。

以下の例では、アクティブシートのセル範囲B2〜E5を含む行のValueプロパティに文字列をセットしています。


Sub SetRows()
    Range(Cells(2,2),Cells(5, 5)).EntireRow.Value="Excel VBA"
End Sub

Sub SetRows()
    Range("B2:E5").EntireRow.Value="Excel VBA"
End Sub

以下の例では、Sheet1のセル範囲B2〜E5を含む行のValueプロパティに文字列をセットしています。


Sub SetRows()
     Worksheets("Sheet1").Activate
     Worksheets("Sheet1").Range(Cells(2,2),Cells(5, 5)) _
             .EntireRow.Value="Excel VBA"
End Sub

Sub SetRows()
     Worksheets("Sheet1").Activate
     Worksheets("Sheet1").Range("B2:E5") _
                     .EntireRow.Value="Excel VBA"
End Sub
Copyright (C) pc-users.net, All Rights Reserved.