Excel VBA 初心者の為の入門講座のホームページです

Excel VBA 入門講座


1.入出力関数


関数名FreeFile
機能ファイル番号の取得
構文FreeFile


intFileNo=FreeFile

関数名Open
機能ファイルを開く
構文Open "ファイル名" For アクセスモード As #ファイル番号


ファイルの読み出し
Sub ReadFile()
    Dim strFileName As String
    Dim intFileNo As Integer
    Dim strData As String
    
    strFileName = "C:\temp\samp.txt"
    intFileNo = FreeFile
    
    Open strFileName For Input As #intFileNo
    
    Do While Not EOF(intFileNo)
        Line Input #intFileNo, strData
        Debug.Print strData
    Loop
    
    Close intFileNo
End Sub

ファイルの書き出し
Sub WriteFile()
    Dim strFileName As String
    Dim intFileNo As Integer
    Dim strData As String
    
    strFileName = "C:\temp\samp.txt"
    intFileNo = FreeFile
    
    Open strFileName For Output As #intFileNo
       
    Print #intFileNo, "aaaaaaa"
       
    Close intFileNo
End Sub

ファイルの追記
Sub AppendFile()
    Dim strFileName As String
    Dim intFileNo As Integer
    Dim strData As String
    
    strFileName = "C:\temp\samp.txt"
    intFileNo = FreeFile
    
    Open strFileName For Append As #intFileNo
       
    Print #intFileNo, "aaaaaaa"
       
    Close intFileNo
End Sub

関数名Close
機能Open ステートメントで開いたファイルへの入出力を終了して、ファイルを閉じる
構文Close "ファイル番号"


Close #1

関数名Line Input
機能シーケンシャル入力モード (Input) で開いたファイルから行全体を読み込み、文字列型 (String) の変数に代入する
構文Line Input #ファイル番号, 変数(String型)


Line Input #1, strData

関数名Print
機能シーケンシャル出力モード (Output または Append) で開いたファイルにデータを書き込む
構文Print #ファイル番号, 文字列等


Print #1, "test"
Copyright (C) pc-users.net, All Rights Reserved.